使用済みドラム缶回収( 埼玉 関東 )

使用済みドラム缶回収について


関東を中心に使用済みドラム缶の回収・引取をいたします。お問い合わせいただきましたら、お見積りいたします。
再生可能なドラム缶は自社工場(埼玉)にて修理・再生し、再生不能なドラム缶は内容物など処理後、処分いたします。

更生可能なドラム


基準: 基本的に JIS Z-1601及び JIS Z-1600に準じた呼び容量200Lの鋼製ドラム

外観:
  1. 巻締部に歪みがなく機能を失っていないこと
  2. 天地板、胴板に著しい打痕がないこと
  3. 口金部(座金、プラグ)に歪みとか緩みがないこと
  4. 溶接修理がないこと
  5. 製造3年以内のもの
  6. 付属部品(口栓、天蓋、バンド等)が装着されていること
内部:
  1. ドラム缶内部に異物がないこと
  2. 更生業者による適法な残査処理(洗浄、焼加工)が可能なこと
  3. 毒劇物及び悪臭のあるドラムは物理的方法(トリプル洗浄、又は化学的処理等の方法)で危険が排除されていること

更生不可能なドラム


判断
基準
  1. 基準外( 容量、形状、輸入ドラム等) のドラム
  2. 極薄板ドラム
  3. 内面塗装が剥離したドラム
  4. 内容物に環境的問題のあるドラム
  5. その他:更生基準に適さないドラム

更生不可能なドラム(例)


【チャイム(巻締め)部の凹み】
写真のレベルなら、成形修正にて使用可能であるが、これ以上鋭利で甚だしい凹みのあるドラム。

【胴体の凹み】
成型(修正)が困難な凹み変形の大きなドラム。

【チャイム(巻締め)部の食い込みキズ】
この写真からは認識しずらいが、モレの要因となる食い込みキズのあるドラム。

【穴あき】
写真のように、胴部等に穴あきのあるドラム。

【輪帯(ピード)部の凹み】
写真のように、輪帯部の凹み変形が大きなドラム。

【口栓及び天板の錆び】
特に口栓部の錆びが酷いドラム。

※ お客様のチョットした注意で、更生可能なドラムになります!


※ 詳細は、どうぞお気軽にこちらよりお問い合わせください。